矯正歯科,大田区,矯正治療,蒲田,噛み合わせ −ささき矯正歯科−

矯正治療症例

上顎前突(出っ歯)反対咬合(受け口)叢生(デッコボコ、乱杭歯)

上顎前突(出っ歯)

治療前と後で、口元の感じが大きく変わり、唇も結べるようになりました。
治療前は、歯の噛み合わせが「山と山」で噛んでいましたが、治療後は「山と谷」できちんと噛めるようになりました。

上顎前突(出っ歯)

Page Top

反対咬合(受け口)

治療前と後で、口元の感じが大きく変化し、美しい横顔になりました。
食べ物も前歯できちんと噛み切れるようになりました。

反対咬合(受け口)

小児の反対咬合

乳歯の時期の小児は、お口の中に入れる装置の使用が難しいため、従来チンキャップ(帽子タイプの装置)などを主に使用してきましたが、嫌がらずに使用してくれるようであれば、最近ではムーシールドが可能です。

骨格性下顎前突

骨格的なズレが大きな反対咬合は、口腔外科と連携して、顎切り手術を行います。手術の前と後のワイヤーによる矯正治療と、2週間程度の入院が必要です。
お口の中からメスを入れるので、お顔に傷がつくようなことはありません。横顔を大きく変えることができます。
当院は自立支援医療機関に認定されておりますので、顎変形症の方に限り、保険診療が可能です。

骨格性下顎前突

Page Top

叢生(デコボコ、乱杭歯)

八重歯もこのようにきれいに治すことができます。
犬歯は顎を左右に動かした時に下顎を誘導する役目のあるとても大切な歯です。できるだけ犬歯は抜かずに、矯正治療を行います。

叢生(デコボコ、乱杭歯)

Page Top

無料! メール相談ささき矯正歯科

皆様の笑顔のために!
矯正歯科,大田区,矯正治療,蒲田,噛み合わせ −ささき矯正歯科−
東京都大田区蒲田5-11-8 千代ビル3F
Copyright (c) ささき矯正歯科. All rights reserved.